半井重幸のWIKI経歴がすごい!最年少優勝や学歴の意外性も紹介

この記事にはプロモーションが含まれています

2024月7月26日に開幕するパリ五輪。

日本代表チームの旗手をつとめ、自身に金メダルの期待がかかるShigekix(シゲキックス)こと半井重幸さんの経歴に焦点を当てます。

半井重幸さんはユース時代からブレイキンの国際大会で輝かしい成績を収めており、五輪出場に向けて第一生命保険との契約を結び、同社のテレビCMにも登場しています。

今回の記事では、半井重幸さんのWIKI経歴と題して、歩みや学歴についても触れたいと思います。国際舞台での活躍の基盤となった個性的で輝かしい経歴を最後までご覧くださいね。

記事をざっくり

  • 半井重幸のプロフィール
  • 半井重幸の華麗なる実績・戦績を時系列で紹介
  • 半井重幸の武器を解説
  • 半井重幸の意外な学歴
  • 半井重幸が英語ペラペラな理由

などなど、盛りだくさんですが、わかりやすくお届けすることを心掛けました!

>>半井重幸の筋肉画像15選!体脂肪・トレーニング法も

目次

半井重幸(シゲキックス)のWIKI経歴「プロフィール」

ますはじめに半井重幸さんのをご紹介します

  • 名前:半井重幸
  • 読み方:なからいしげゆき
  • 生年月日: 2002年3月11日
  • 年齢:22歳
  • 出身地: 大阪府大阪狭山市
  • 身長:166㎝
  • 体重:58㌔
  • 主な成果::2018年ブエノスアイレスユースオリンピック銅メダリストでパリオリンピックの日本代表に選出。

半井重幸さんの読み方は”なからいしげゆき”と読みます。

ダンサー名としては、Shigekix(シゲキックス)として活動しています。

「3代目Jsoul brothres」の岩田剛典さんに似ていることでイケメン度にも注目が集まっているようです。

半井重幸(シゲキックス)のWIKI経歴「すごすぎる戦績」

半井重幸さんの経歴は天才としか言いようがないほど素晴らしいです。

分かりやすく表にまとめてみました。

イベント・成就場所部門・その他詳細
2013Unvsti 2013フランスキッズソロ部門で優勝
2015New Taipei City 2015台湾一般部門で優勝
2016Nothing2looz World Final 2016フランスキッズソロ部門で優勝
2016Outbreak Europe 2016キッズソロ部門で優勝
2016WAF world final 2016中国キッズ大会で優勝
2017スポンサー契約:カシオ計算機「TEAM G-SHOCK」のメンバーに
2018ブエノスアイレスユースオリンピックアルゼンチン男子ブレイキンで銅メダル
2018Red Bull BC One World Final優勝
2020Red Bull BC One World Final史上最年少での優勝
2024パリオリンピックフランスブレイキン代表として出場権を確保

半井重幸さんは2014年、12歳以下のカテゴリーで「Chelles Battle Pro」において世界チャンピオンに輝くと、その後も様々な国際大会で圧倒的な成績を収め、ジュニアレベルでの競技を支配しました。

2016年からは、キッズカテゴリーを超え、一般の個人競技にも挑戦を開始し、ここでも世界各国の大会で頂点に立っています。

2018年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックのブレイクダンス競技で銅メダルを獲得。

金メダルが期待されていたため、銅メダルの結果には落胆しましたが、この経験が後の成長の糧となりました。

2020年には「Red Bull BC One world final」で史上最年少での優勝を果たしています。

「JDSF全日本ブレイキン選手権」では2020年から3年連続で日本一に輝きました。

さらに、国際オリンピック委員会公認の「WDSF 国際競技大会」でも高い評価を受け、早々と2024年パリオリンピックの代表権を確保しています。

ブレイキンのために生まれてきたような存在!
かっこよすぎます!

半井重幸のパフォーマンスの特徴

https://ryukyushimpo.jp/

武器は笑顔
フリーズの技術にも注目

半井重幸選手のパフォーマンスの一番の魅力は、彼の笑顔です。どんな高難度の動きをしていても、彼の表情はいつも明るく、これが彼の強さの源泉です。

技術的にも、半井重幸選手の「フリーズ」の技術は、他の競技者と一線を画しています。

フリーズとは、逆立ちなどの姿勢で一時的に動きを停止させる技で、半井選手はこれを流れるように見せることができ、そのリズム感が彼のパフォーマンスを際立たせています。

音楽との見事なコンビネーションも彼のブレイキングスタイルを軽快でダイナミックなものにしているのです。

ダンス一筋でやってそうと思いきや、半井重幸さんの過去は意外?

半井重幸の学歴は?

こちらが半井重幸さんの学歴を表にまとめたものです:

教育段階学校名
大学進学せず
高等学校大阪学芸高校
中学校大阪狭山市立第三中学校
小学校不明

この表は彼の教育背景に関する基本情報を簡潔に示しています。

半井重幸は大学進学はせず、出身高校は大阪学芸高校です。

中学校は大阪狭山市立第三中学校を卒業しましたが、小学校についての詳細は公表されていません。

特に濃かった高校時代を掘り下げます

高校時代

半井重幸さんは、大阪にある私立の大阪学芸高校の特技コースを卒業しています。

この高校は1903年に設立され、2010年には特に芸能およびスポーツに特化したコースが新設されました。

このコースは関西地域で活躍する多くの若手芸能人に選ばれており、半井重幸さんもその一人です。

彼は高校時代からブレイキンに専念しており、部活動には参加せず、主に放課後は家に直帰して練習に励んでいました。

特技は陶芸や絵を描く事

学校では比較的静かな性格として知られ、インタビューで彼は「学生時代は控えめで言葉少ない方だった」と述べています。

絵に没頭するなどの芸術的な一面も開花した高校生活だったと言われています。

高校の同級生には、人気アイドルグループ「なにわ男子」の大西流星や「NMB48」のメンバーなどがおり、彼らとは異なる芸能活動を展開していました。

英語も堪能

Shigekixは中学卒業後、カシオ計算機とスポンサー契約を結び、以後、国際的なキャリアも積み重ねていますが、英語がペラペラなことも話題となっていました。

話せるだけではなく、半井重幸さんのInstagramの投稿は常に、英文と日本語の両方で投稿されていることもわかります。

半井重幸Instagram

コメント欄への変身も英語でされているとのこと。

調査してみると、幼少期から高校に至るまで、英会話を学んできた背景があるようで、

すでに国際人としてスポーツキャリアを積むことを見据えていたのかもしれません。

半井重幸さんが通っていた大阪学芸高等学校では広い視野や語学力を身につけ国際社会で活躍するような能力を身につけることに重きを置き、海外語学研修や修学旅行も実施しています。

半井重幸さんの英語力は高校生活で更に飛躍した可能性もありそうですね。

半井重幸のブレイキンキャリアの始まり

7歳のころから姉の影響ではじめた

彼がブレイキンを始めたのは7歳のとき。姉がブレイクダンスをしていた影響で、自然とその世界に引き込まれていきました。

半井重幸

最初は姉について行く内に興味を持ち、挑戦してみたらどんどん技が身についていった。
それが楽しくて、どんどん深みにはまっていったんです。

半井重幸さんは、大阪の難波駅近くの広場で練習をし、そこで集まるダンサーたちから技を学び、次第に自身もそのコミュニティの一員として成長していきました。

半井重幸さんの練習は夜の9時から始まることが多く、学生時代から深夜まで練習に時間と情熱を燃やしていました。

半井重幸(シゲキックス)のWIKI経歴まとめ

この記事では半井重幸さんのプリオフィールや華麗なる経歴について記事にまとめました。

半井重幸さんは、たった7歳でブレイクダンスとの出会いを果たし、それが彼の人生を形作る情熱となりました。

彼は元々内向的で寡黙な少年という一面に驚きましたが、芸術的な側面と熱い気持ちの根源をたどると納得がいきます。

今やパリオリンピックの舞台を控え、Shigekixの全力のパフォーマンスに期待が高まっています。

半井重幸さんの笑顔とダイナミックな動きが、世界中の観客を魅了することでしょう。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらも読まれています

  • URLをコピーしました!
目次