【動画】広瀬すずのバスケの実力を検証!プロを目指すスキルや経歴やも紹介

この記事にはプロモーションが含まれています

広瀬すずさんは、バスケットボールで注目されることも多い名女優です。

広瀬すずさんは「テレビ朝日バスケットボールスペシャルブースター」としても活動し、度々国際試合で日本チームを応援しています。

ドラマや映画、CMにも頻繁に出演し、国民的に愛されている広瀬すずさんはバスケットボールにも深い経験を持っているといいます。

広瀬すずのバスケの実力は?
広瀬すずのバスケの経歴は?
広瀬すずのバスケのポジションや背番号

この記事では広瀬すずさんのバスケットボールの実力を知るために

  • 広瀬すずさんのバスケプレー動画
  • 広瀬すずさんのバスケの成績


などをすみずみまで調査しています。

目次

広瀬すずのバスケの実力は圧倒的!

デイリー

広瀬すずのバスケット期間:小学校~中学校

広瀬すずさんは、小学校の低学年から中学校の卒業まで、長年にわたりバスケットボールを続けてきました。

その期間と経験から彼女のバスケットボール能力について掘り下げてみましょう。

こちら小学生の時の広瀬すずさん。

圧倒的かわいさはこの頃から変わりません。

広瀬すずのバスケはいつから?

小学校2年生の時に姉のアリスの影響で始めた

広瀬すずさんがバスケットボールを始めたのは小学2年の時でした。

その興味は、バスケをしていた姉、広瀬アリスさんからの影響が大きかったとされています。

二人でバスケットボールを楽しむうちに、このスポーツの楽しさにどんどん惹かれていったそうです。

バスケットボールを手にした初めての瞬間から、広瀬すずさんはバスケットボールに夢中になったといいます。

もともと運動神経の良い広瀬すずさんは、バスケットチームの主力になるのに時間はかかりませんでした。

広瀬すずのバスケットボールの技術評価

ドリブルさばきは上級者

さらに広瀬すずさんの姉、広瀬アリスさんも同じくバスケが大好きなこと有名な話。

姉、広瀬アリスさんとは、2016年にBリーグイベントで特別サポーターとして抜擢され、姉妹対決を展開しました。

その時の一騎討ちでは、フェイントやしっかりとしたディフェンスを見せ、最終的には広瀬すずさんの3ポイントシュートで締めくくられました。

ブランクを感じさせないそのシュート技術は見事なものでした。

フリースロー・シュートも完璧

さらに最近では、バスケットボールワールドカップを前にしたテレビ朝日のイベントで、30秒のフリースロー挑戦にも参加。

彼女のバスケットボールに対する情熱と技術は、長年の経験から培われたものであり、その実力は確かです。

最初は苦戦しながらも、その後連続でシュートを決め、素晴らしいパフォーマンスを見せました。

美しすぎるバスケ姉妹現る!




広瀬すずさんのバスケットボール経歴についてもこれから更に詳しくご紹介していきます。

広瀬すずのバスケットボールの経歴

小学校:高部東ミニバススポーツ少年団(高部東小学校)
中学校:静岡市立清水第六中学校(バスケ部所属)
高校:あずさ第一高校

バスケの歴史(小学校編)

東海ミニバスケットボール大会に出場

小学2年生からバスケットボールを始めた広瀬すずさん。

運動に対する天賦の才能を持っており、時間と共にその技術は顕著に向上しました。

特に小学6年生の時には、2010年の第33回東海ミニバスケットボール大会に出場するほどでした。

2回戦で敗退したものの、その成果は広瀬すずさんのリーダーシップと負けず嫌いの性格によるものだったと高く評価されています。

広瀬すずさんの存在が東海ミニバスケットボール大会の出場を勝ち取ったという情報もあります。

東海ミニバスケットボール大会出場のすごさを解説

大会は市の予選から始まり、次に中部地区大会、そして県大会へと進みますが、県大会で上位5位以内に入ることが、東海地区大会への出場条件です。

広瀬さんの出身地静岡県には、ミニバスケットボールのチームが220チームあり、その中で女子チームは116チームを数えます。

一般のミニバスケットボールを楽しむ子どもたちにとっては、「県大会への出場」が一つの大きな目標で「東海大会」の出場は非常に厳しいものだといわれています。

限られた少数の選手だけがその機会を持つことができる、まさに夢のような舞台です。

バスケの歴史(中学校編)

広瀬すずさんが中学に進学した後も、バスケットボールへの熱意は変わらず強かったようです。

中学のバスケットボールチームでは重要なメンバーとして活躍し、様々な試合で目立った成果を上げました。

チームのオフェンスを巧みに操り、多くのコーチからの称賛を受けていたそうです。

この時期に彼女のバスケットボールへの取り組みはさらに深まり、その努力が技術向上につながりました。

バスケの歴史(高校編)

高等学校総合体育大会:4位入賞

広瀬すずさんは高校生になってもバスケを継続させています。

東海地方の高等学校総合体育大会などで4位入賞を果たすなど、バスケットボールの腕前をさらに向上させました。

広瀬すずさんは高校でもバスケットボールチームの一員として、忙しい学業や芸能活動の中でも練習時間を確保していました。

その驚異的な体力とスタミナ、そしてスポーツに対する情熱は、高校でのチームメイトやコーチからも高く評価されていました。

授業後はバスケットボールの練習に打ち込み、夕方以降は芸能活動で忙しい日々を送っていたそうです。

広瀬すずさんは、優れた時間管理能力と体力、そして強い決意で課題を乗り切るよう努めていたといいます。

しかし、実際には芸能の仕事が忙しく、バスケに参加できない日も増えていったそう。

頑張り屋の広瀬すずさんの葛藤期でもありました。

広瀬すずはバスケと女優を迷っていた?

広瀬すずの芸能界デビューは2012年

2012年、姉広瀬アリスさんの所属する女性ファッション誌「Seventeen」のオーディション「ミスセブンティーン2012」で、同誌の専属モデルとして選出された広瀬すずさん。

 更に2013年、TVドラマ「幽かな彼女」で女優デビューしています。

中学に進学後、芸能活動が忙しくなり、バスケットボールを続けることが困難になりましたが、広瀬すずさんは一時はプロのバスケットボール選手を目指していたと言われています。

バスケットボールを通じて培った精神力は、現在の芸能活動にも大いに役立っていると彼女は語っています。

高校時代にはバスケ部に名を連ねていましたが、芸能活動のため、参加することが難しくなっていました。

もし広瀬すずさんが芸能界に進まずバスケットボールを続けていたら、今頃は日本代表として活躍していたかもしれません。

広瀬すずのバスケのポジションは?

広瀬すずはポイントガード

広瀬すずさんはバスケットボールプレーヤーとしてポイントガードのポジションを務めていました。

このポジションは、ゲームの指揮をとり、攻守の要として動く重要な役割です。
通常「1番ポジション」とも呼ばれ、リーダーシップと戦略的思考が求められます。

広瀬すずさんがこのポジションを担っていたことから、彼女のバスケットボール能力が非常に高かったことが伺えます。

背番号は7

バスケで背番号7といえば、エース的存在であることが多い。相手コートにガンガン攻め込んでいき、豪快にシュートを決めるような選手。まさにバスケの花形のような選手だ。

SPAIA

広瀬すずさんの背番号は「7」で、これはエースプレーヤーの証とされています。

広瀬すずのバスケットボールの実力まとめ

広瀬すずさんは、幼少期から熱心にバスケットボールに打ち込んでおり、一時はプロの選手を目指していました

現在はバスケットボールW杯のスペシャルブースターや広告でのコーチ役を務めるなど、広瀬すずさんのバスケ愛が続いています。

広瀬すずさんのバスケットボールでの経験と才能は、彼女が今後も勝利の女神として輝き続けることを期待させます。

\ バスケットボール関連記事はこちら /

>>渡邊雄太の年俸の推移は?NBA・Bリーグの契約を解説
>>八村塁は結婚してる?美人妻や歴代彼女が大物すぎる
>>八村塁の家族の事故の結末は?家族構成も解説
>>ジェイコブス晶の父はアメリカ人!離婚後の家族構成も紹介
>>河村勇輝が中退した理由がすごい!東大も行けた学歴
>>河村勇輝の父親は教師でバスケ顧問!学歴・経歴にまつわるエピソードも
>>広瀬すずのバスケの実力は?プロ並みの実力を動画で紹介

  • URLをコピーしました!
目次