河村勇輝の父親は教師でバスケ顧問!学歴・経歴にまつわるエピソードも

この記事にはプロモーションが含まれています

バスケットボール選手の河村勇輝選手は小柄ながら、抜群のセンスで日本バスケットボール界にはなくてはならない存在です。

河村勇輝のルーツは父親

河村勇輝選手を育てた、教師で顧問の父親について深堀していきます。

目次

河村勇輝の父親は?教師でバスケとボール部の顧問

河村勇輝の父親は中学時代のバスケットボール部の顧問
河村勇輝の父親は英語教師

河村勇輝選手の父親は、河村吉一さんといいます。

職業は学校の先生をされていて、担当教科は英語をだと明かされています。

そしてなんと、河村勇輝選手自身の中学校のバスケットボール部の顧問を務めていた方なのです!

父親がコーチや顧問って、すっごく大変そう!

河村勇輝と父親との絆エピソード

河村勇輝選手の父・河村吉一さんは、教育者としてだけでなく、バスケットボールにおいて河村勇輝選手に大きな影響を与えた人物であることはいうまでもありません。

中学時代、河村勇輝は父親の指導のもと、厳しくも公平なトレーニングを受け、技術だけでなくスポーツマンシップを学びました。

河村勇輝選手の家のお庭にはバスケットゴールがあった


河村勇輝選手のお父さんは学校だけではなく、家に帰ってからもにシュート練習を指導する熱血ぶり!

スポーツを通じて親子の絆を深めていましたことが想像できます。

河村勇輝は野球がしたい!父親は止めなかった

河村勇輝はバスケットの前に野球をしていた

河村勇輝選手がバスケットボールを始める前は、最初に野球に興味を示していたことが明かされています。

運動神経の良い息子にバスケットをさせたい!とはじめから考えていた父・吉一さんですが、

河村勇輝さん本人の気持ちを尊重して、この頃は息子と共にキャッチボールを楽しんでいたといいます。

強要しなっかったのが素晴らしいねね



それから河村勇輝選手は次第にバスケットボールに魅力を感じ、自分から積極的にバスケットボールを始めることを決めたのです。

この自発的な選択が、河村勇輝選手が長期間にわたりバスケットボールを熱心に続ける大きな動機となりました。

河村勇輝の家庭では、自立心を重んじる教育方針が取られていたため、自分で選択し行動することに意義があると教えられていたそうです。

素敵な子育て論ですね



河村選手の父・吉一さんがバスケットボール経験者であり、かつての著名な選手、田臥選手のプレーをビデオで見ることが多かったため、その影響を受けて河村勇輝選手は自然とバスケットボールに惹かれていたのだといいます。

バスケットボールの指導者である父の部屋には、数多くのNBAや国内バスケに関するビデオが並んでいた。布団に入る前に、部屋にある棚からビデオを取り出す。

幼児がお気に入りの本を選んで、親に読み聞かせてもらいながら眠るように、バスケのビデオを見ながら眠りにつくのが日課だった。

Number Web

このように、自主性を尊重する環境と家族からの影響が、河村選手のスポーツ人生に大きく寄与しています。

子どもの主体性を育てる家庭環境が河村勇輝選手の強さの源なのですね

河村勇輝の父親は褒めて伸ばすタイプ

河村勇輝の父親は口うるさいタイプではない
河村勇輝の父親は熱血根性論は語らない

河村勇輝選手の父親はバレーボールの顧問ということで、スポーツコーチのギラギラとした熱血感が想像されます。

しかも、自身もバスケの経験者で河村勇輝選手ほどの優秀なアスリートの父となれば、厳しい練習を強要することも想像できてしまいます。

しかし、河村勇輝選手の父親は祖の真逆…。

「口うるさく言われたことは全然なくて、僕の自主性を本当に尊重してくれた。バスケットが嫌いにならないように、環境だけを整えてあげようと考える父だったので。それでいて、良いプレーができたときには試合会場からの帰り道に『今日は練習していたことが1回できたな、よかったぞ』と。いわゆる“熱血おやじ”という感じではなかったです。自分のなかでは、父にほめられることをモチベーションにしていたので」

Number Web

口うるささは全くなく、褒めて伸ばす見本のような方だったことが分かります。

父にほめられたい!
お父さんのことを尊敬していたんだね。

河村勇輝の家族構成は?

そんな河村勇輝選手の家族構成をご紹介します。

河村勇輝選手は5人家族

  • 父親
  • 母親
  • 本人(河村勇輝)

河村勇輝選手はリーダーシップのあるしっかり者のイメージですが、実は2人の姉がいる末っ子長男。

父親の自立を求める子育て方法も、3人目の余裕といえるのかもしれません。

河村勇輝選手の実家は山口県にあり、広々とした敷地に建っているそうです。

広大な庭ではあったが、すぐ外には田んぼが広がっていた。ボールが大きくバウンドすると、田んぼに落ちてしまうことがある。それでは困るだろうと、吉一さんは自家製のネットや、好きなだけバスケに打ち込めるように家庭用のナイター設備も作ってくれた。

 雨が降ると、吉一さんは庭に巨大なブルーシートを敷いてくれるのだ。雨がやんだあとにそのシートをどければ、バスケができるように。

Number Web

庭にバスケットボールがあるって言ってたもんね

河村勇輝選手の家族は賑やかで、のびのびと活動できる環境が整っていたことが想像できます。

河村勇輝のプロフィールまとめ

ここで河村勇輝選手のプロフィールをご紹介していきます。

河村勇輝の身長は172㎝

河村勇輝選手と言えばバスケットボール選手としては比較的小柄なことが特徴的!

172cmの身長とは思えない驚異的なアスリート能力で知られています。

名前:河村勇輝
生年月日:2001年5月2日
年齢:23歳
出身地:山口県柳市
血液型:B型
身長:172㎝
体重:72キロ
プロ選手期間:2019年~
ポジション:PG

河村勇輝選手は山口県柳井市で育ち、出身地山口県柳井市と公表されていますが、3歳になるまでは父親の仕事の都合でドイツで暮らしていたことが明かされています。

河村勇輝の学歴は?

  • 柳生中学校
  • 福岡第一高校
  • 東海大学

河村勇輝は福岡第一高校で学び、バスケットボールでの才能を開花させました。

高校卒業後、河村勇輝は東海大学に進学し、教員免許を取得しています。

大学時代もバスケットボールを続け、三遠ネオフェニックスでのプレーを経て、プロの舞台での活躍へと繋がっていきました。

学生時代から、リーダーシップを発揮し信頼も厚かったという河村勇輝選手。

努力家でバスケのシュート練習は一日1000本!と決めていたそうです。

さらに文武両道のお手本のような河村勇輝選手は勉学にも励んでいたことが学歴からうかがえます。

週に3回学習塾に通い、200人の学年で常に上位の成績を維持していたそう

河村勇輝はバスケット何歳から?経歴も紹介

河村勇輝は6歳からバスケットを恥じえた

河村勇輝選手は6歳でバスケットボールを始めています。

小学校時代から地元のチームでプレイし、全国大会で優勝するなどの成果を挙げました。

中学校時代

柳生中学校卒業

河村勇輝選手は柳生中学校で、全国大会でのベスト16進出を果たしました。

高校時代

福岡第一高校に進学

中学を卒業後、バスケットの名門・福岡第一高校に進学し、全国的な知名度を得ることになります。

全国大会で注目を集め、高校ではポイントガードとして活躍しています。

ウィンターカップではチームを優勝に導き、自身もベスト5に選出されるなど、学生時代からそのリーダーシップと技術が評価されていました

その後、横浜ビー・コルセアーズでの活躍を経て、国際舞台での代表としても選ばれ、素晴らしい成績を残しています。

河村勇輝の父親は教師で元バスケ顧問!まとめ

バスケットボール河村勇輝選手の父親について記事を書きました。

河村勇輝選手のバスケの強さと人間性のすばらしさのルーツが父親にあるという情報をもとに執筆しましたが、

噂は本当でした。

  • 出身中学のバスケ部の顧問
  • 元バスケ経験者
  • 熱血バスケファン

河村勇輝選手お父さんはただ熱いだけではなく、子供の主体性を育む天才を育てるプロフェショナルということがわかりました。

職業が教師というのも納得ですね!

  • URLをコピーしました!
目次