堀米雄斗のスポンサー収入は10億!ブランド13社を一挙公開

この記事にはプロモーションが含まれています

東京五輪での金メダル獲得に続き、パリ五輪のメダルも期待されるスケートボード選手の堀米雄斗選手。

たくさんのブランドとのコラボが目立ち、堀米雄斗選手のスポンサー契約がどのようになっているのか気になります。

堀米雄斗のスポンサー契約金は10億!?
堀米雄斗のスポンサー企業はどこなのか?

  1. 選手のスポンサー企業リスト
  2. 推定スポンサー収入
  3. 大会成績とスポンサーサポートの相関性

この記事では、堀米雄斗選手のスポンサー事情をまるっと解説していきます。

目次

【2024最新】堀米雄斗の推定スポンサー収入は10億!?

2024年現在、堀米雄斗選手の推定スポンサー収入は約10億円とされます。

スポンサー契約の詳細は非公開が通例ですが、以下の3つの要素から彼のスポンサー収入を推測しています。

  • 選手の人気と知名度
  • 契約の内容
  • スポンサー企業のプロファイル

スポンサー契約金は人気がある選手ほど、契約金も高額になる傾向にあります。

例として、堀米雄斗選手がスポンサー契約を結んでいるとされるナイキ社を参考にしてみましょう。

ナイキというビックブランドということもあり、想像を絶するスポンサー契約金が支払われていることに驚きますが、

堀米雄斗選手も既に高い人気と知名度を誇るため、1社あたり年間億単位の契約金が見込まれることは間違いありません。

ナイキ社で言うと堀米雄斗選手もナイジャ・ヒューストン選手と同等の2億円程度がスポンサー契約金として見込まれています。

ナイキ公式ページ

【2024最新】堀米雄斗のスポンサー企業リスト一覧(13社)

堀米雄斗選手のスポンサー(2024年6月29日時点)は、13社が確認されています。

アスリートのスポンサーシップには契約金や期間の詳細が公にされることは少ないため、一部のスポンサー契約はすでに終了している可能性もありますのでご了承ください。

  • ムラサキスポーツ
  • VENTURE
  • SPITFIRE
  • G-SHOCK
  • SEIKO
  • リポビタン
  • 三井住友DSアセットマネジメント
  • デルタ航空
  • NIKE SB
  • 株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ
  • April Skateboard
  • 楽天
  • final

堀米雄斗選手は移動の様子や連取のy法素などSNSの発信が多いことも人気の要因ですが、スポンサー契約企業の商品もちゃっかりと宣伝してくれています。

▷ナイキのスニーカーをアピール

デイリー

堀米雄斗選手の過去のスポンサー

堀米雄斗選手選手は上記の契約以外にもスポンサー契約が確認されており、上記以外の2社が過去にスポンサーシップを行っていました。

  • XFLAG
  • NEC

これらの企業との契約継続は表向きには現在確認できていません。

ただし、これらの企業と今も何らかの契約が続いている可能性もあるので引き続き調査していきます。

【2024最新】堀米雄斗選手の疑わしいスポンサー契約の企業候補

おしゃれにも気を配地り、影響地下の大きい堀米雄斗選手には、契約したいと考える企業がたくさんあるはずです。

あのブランドよく見に着けてるよね?

推しのブランドがわかりやすい

公式な発表はないものの、堀米雄斗選手が利用している製品からスポンサー契約があると推測される企業が11社もあるといわれています。

  • ANDALE
  • HIBIRD
  • DIVISION
  • Be-in Works
  • Triple Eight
  • DVS
  • TUFLEG
  • Custom Track
  • Hardies
  • Spitfire
  • Louis Vitton

特にLouis Vittonについては、公式なスポンサーシップの発表はありませんが、選手がインスタグラムで頻繁に投稿しており、イベントへの招待も受けています。

堀米雄斗選手のスポンサー契約の種類と内容

ここからはスポンサー契約について解説していきます。

スポンサー契約とは?
契約内容 ブランドロゴを衣類に掲載する基本的な契約から、SNSでの投稿やイベント参加を要求される契約まで、契約内容は多岐にわたります。有名スポーツブランドの契約では、これらの活動を通じてブランドイメージの向上や市場シェア拡大を図っています。

スポンサー契約の種類や内容についても紹介します。

❶スポンサー契約
❷アンバサダー契約

スポンサー契約には様々な形態がありますが、主にブランドのイメージ向上を目的とした契約が一般的です。

スポンサー契約にもさまざまな形態があるようですが、主によく耳にする、❶スポンサー契約❷アンバサダー契約に違いについて説明します。

スポンサー契約

スポンサー契約では、企業がイベントや個人などを金銭的に支援し、その見返りに企業のブランド名を宣伝する機会を得ます。これはスポーツチーム、イベント、テレビ番組などが一般的。

アンバサダー契約

アンバサダー契約は、個人が企業のブランドイメージや製品を長期的に代表し、推進する役割を持ちます。ブランドアンバサダーはその企業の顔として活動し、商品の使用を公に推奨し、ブランドの価値を高めるために様々な活動に参加。

スポンサー契約とアンバサダー契約の違いを分かりやすくまとめると…

  • 目的の違い(アンバサダー契約の方が身近なアピール)
  • 期間の違い(アンバサダー契約の方が長期的)
  • 関係の深さ(アンバサダー契約の方が企業と密接)

堀米雄斗はさらにスポンサー収益がアップ?大会成績との関係

競技大会での成績が良ければスポンサー契約金額も上がります。

例えば、東京オリンピックでの金メダル獲得後、堀米雄斗選手のスポンサー収入がそれまでの倍程度の数億円に上昇したと言われています。

一方で、成績が低迷すると契約の見直しが行われることもあります。

2024年パリ五輪では、さらなる活躍が予想され、スポンサー契約の数や単価の増大が見込まれています。

まとめ:堀米雄斗のスポンサー契約の概要

スケートボード堀米雄斗選手のスポンサー企業を詳しく調査しました。

堀米雄斗のスポンサー契約は10億!(推定)


現在、13社がを堀米雄斗選手支援しており、さらにその他11社がスポンサー契約やアンバサダー契約を結んでいる可能性が高いことから、選手の人気と影響力が非常に大きいことが伺えます。

  • 確認されているスポンサー企業数: 約12社
  • 推定年間スポンサー収入: 10億円以上

このスポンサーシップは、未来のプロスケートボーダーたちに大きな夢を与えているといえるでしょう。

堀米雄斗選手のさらなる成長とともに、彼のキャリアの進展も楽しみね!

  • URLをコピーしました!
目次